LG Display、次期Apple Watch向けパネルも独占的に供給か

MK Newsが、情報筋の話として、韓国のLG Displayは、今年4月に発売された初代「Apple Watch」だけでなく、来年に発売予定の第2世代「Apple Watch」にも液晶パネルを独占的に供給するようだと報じています。

Watch-ClockSimple
Appleがマルチベンダーの原則を放棄してまでLG Displayを選んだ理由は、スマートウォッチ向けパネルでは世界的にもトップであるLG Displayの技術力や、両社間の堅いパートナーシップがあったからではないかとみられています。

なお、LG Displayが初代及び第2世代の「Apple Watch」に供給するパネルは「P-OLED」(プラスチック有機発光ダイオード)と呼ばれるパネルで、通常の液晶に比べ解像度が優れており、プラスチックを利用している事から柔軟性に優れているとのこと。


[via PhoneArena

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事