次期iPhoneのフロントカメラはフラッシュを搭載し、パノラマ撮影やスローモーション撮影をサポートか

MacRumorsによると、「iOS 9」のシステムファイルから次期iPhoneのフロントカメラ(FaceTimeカメラ)が1080pの動画撮影のサポートやフラッシュを搭載する事が予想出来るコードが見つかったそうです。


10418-2698-ip6-imaging-3-l

これはこういう発見ではお馴染みのHamza Sood氏が見つけたもので、「iOS 9」の「CAMCaptureCapabilities」というシステムファイル内に『CAMCaptureCapabilities isFront1080p120Supported』などの記述が見つかっており、この事から次期iPhoneのFaceTimeカメラは1080pの動画撮影やパノラマ撮影、240fpsスローモーション撮影のサポートに加え、フラッシュを搭載する事が予想されるとのこと。


ios9hiddencamerafiles

これらの機能が本当に次期iPhoneのFaceTimeカメラでサポートされるのかは不明ですが、自撮りが流行っている事から、FaceTimeカメラを強化してくる可能性は高そうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事