Apple、車両を使った地図データの収集を正式に認める

今年2月あたりから全米各地でカメラやセンサーを搭載したAppleの車が目撃されていましたが、本日、Appleが正式に車両を使って地図データの収集を行っている事を明らかにしました。

150210_apple_mystery_van1
Appleは「Apple Maps vehicles」というページを公開し、マップの向上を目的に現地時間の6月15日から6月30日の間に、米国や英国、アイルランドで車両を使って画像データを収集する事を明らかにしました。

収集した画像データの一部は将来のAppleマップのアップデートで公開する予定で、正式に公開する際は写っている人の顔や車のナンバープレートにはぼかしがかけられる予定とのこと。

この事からAppleがGoogleのストリートビューのような機能を地図サービスに追加する予定である事が予想出来ます。

[via 9 to 5 Mac

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事