au、「データお預かり」アプリのiOS版を提供開始

本日、KDDIが、スマートフォン・タブレット向けに提供している端末データのバックアップ・移行アプリ「データお預かり」のiOS版の提供を開始しました。

screen322x572
同アプリでは、アドレス帳、写真、動画、カレンダーのバックアップが可能で、データは「auスマートパス」のサーバー上に保存される仕組みで、「auスマートパス」の会員は50GBまで追加料金なしで利用可能となっており、非会員のユーザーは1GBまでとなっています。

なお、iOS 6以降を搭載したiPhone及びiPadで利用可能で、価格は無料となっています。

データお預かり
価格:無料 (記事公開時)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事