「WWDC 2015」の会場の2階に「iOS」「OS X」「watchOS」のバナーが登場

MacStoriesが、「WWDC 2015」が開催される米サンフランシスコのモスコーンセンターの新たな写真を公開しており、2階部分に「iOS」、「OS X」、「watchOS」のバナーが設置されている事が分かりました。

2015-06-07-135546
「Apple Watch」のOSはこれまで「Apple Watch OS」や「Watch OS」と呼ばれてきましたが、「WWDC 2015」ではApple Watch SDKが発表されると言われており、これを機に「watchOS」に変更される模様。

なお、現在のところ黒幕で覆われたバナーは設置されていないようです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事