次期iPhoneシリーズは画面解像度が更に向上か ー 「iPhone 6s」はフルHDディスプレイ採用との噂

中国のfeng.comが、Appleのサプライチェーンの情報筋の話として、次期iPhoneは現行の「iPhone 6」シリーズと同じく4.7インチと5.5インチの2つの異なる画面サイズが用意され、両モデルの画面解像度は「iPhone 6s」は1080p(1920×1080ピクセル)、「iPhone 6s Plus」は2K級になると報じています。

th_iphone6-select-2014_GEO_JP
現行の「iPhone 6」シリーズの画面解像度は、「iPhone 6」が1334×750ピクセル、「iPhone 6 Plus」が1920×1080ピクセルとなっており、今回の情報が正しければ「iPhone 6s」は現在の「iPhone 6 Plus」と同じ解像度になります。

また、「iPhone 6s Plus」については2K級とのことですが、現在の1920×1080ピクセルも2Kの1つであり、1920×1080ピクセルももう少し高解像度になる事を意味しているものと予想されます。

ただ、この話の信憑性も怪しいところがありますし、画面解像度をコロコロと変えてくる事も考え難い為、個人的には画面サイズと解像度は「iPhone 6」シリーズから変わらないと予想してます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事