「Apple Watch」の診断用ポートを使用するバッテリー内蔵ベルト「Reserve Strap」がデモ映像を公開

9 to 5 Macによると、「Apple Watch」の診断用ポートを利用するバッテリー内蔵ベルト「Reserve Strap」のデモ映像が公開されました。

reserve-strap-01
デモ映像では、後半部分で実際に診断用ポート(6ピンポート)を使って充電した場合と、本来のMagSafe(電磁誘導充電)を利用して充電した場合の充電速度の比較が映っており、診断用ポートを使った方が若干速く充電されるようです。

また、上記画像の通り、新たな本体デザインも公開されており、診断用ポートを使用する事でよりスッキリとしたデザインになっています。



スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事