Apple、「Apple Watch」向けに「Watch OS 1.0.1」をリリース

本日、Appleが、「Apple Watch」向けのソフトウェアアップデート「Watch OS 1.0.1」をリリースしました。

th_IMG_4052
今バージョンでは、いくつかのパフォーマンス向上とバグ修正が含まれており、詳細は下記の通り。

パフォーマンスの向上

・Siri
・スタンドアクティビティの測定
・室内自転車及び室内ローイングワークアウトのカロリー計算
・屋外ウォーキング及び屋外ランニングワークアウトの距離とペース
・アクセシビリティ
・他社製アプリ

新しい絵文字のサポート


言語の追加

・ポルトガル語(ブラジル)
・デンマーク語
・オランダ語
・スウェーデン語
・ロシア語
・タイ語
・トルコ語

なお、アップデートは「iOS」に搭載されている「Apple Watch」アプリの「一般>ソフトウェア・アップデート」から可能です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事