「Apple Watch」の診断用ポートの蓋を開ける方法

先日、「Apple Watch」のバンド装着部分に隠されている診断用のポートは充電も可能である事が分かったとお伝えしましたが、その事を報告したReserve Strapが、診断用ポートの蓋を開ける方法を紹介する映像を公開しています。

th_apawaosir
診断用ポートの蓋は、縫い針の先を蓋の端にある小さな穴に入れ、テコの原理で無理矢理めくり上げるようにすると外れる仕組みとなっています。

蓋の裏側は粘着性があり、付けたり外したりを何度も繰り返しているとそのうちくっつかなくなる可能性がある為、必要でなければ開けない方が良いと思いますが…。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事