【動画】「Apple Watch」の防水テスト ー 水泳1000m & 10m飛び込み

MacRumorsによると、ブロガーのRay Maker氏が、「Apple Watch」を装着したまま水泳を行うなど、「Apple Watch」の防水テストを行った際の映像を公開しました。

まずは「Apple Watch Sport」を身に付けたまま1,000メートル泳ぐテストで、最終的に200メートル多い1,200メートルを泳ぎきった後でも問題なく動作する事が確認されました。


次は、「Apple Watch Sport」を身に付けたまま5メートルと10メートルの高さから飛び込みを行うテストで、こちらのテストの後も特に問題なく動作したようです。


また、プールでのテストではないものの、水深40メートルの深さと同じ水圧をかけるテストを行った映像も公開されており、同テスト後も問題なく動作しています。


なお、「Apple Watch」の耐水性能はIPX7等級と案内されていますが、IPX7等級というのは、9段階あるJIS規格のうち2番目に高い規格で、「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」といった規格となっています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事