Apple、「Apple Watch」とタトゥーの問題を認める

先日より手首にタトゥーを入れているユーザーから「Apple Watch」の手首検出機能が正常に動作しない事が報告されていますが、本日、Appleが、「Apple Watch」の心拍センサーに関するサポートドキュメントを更新し、タトゥーを入れている場合は心拍センサーのパフォーマンスに影響を与える事があるとの一文を追記した事が分かりました。

12704-6884-applewatch-tattoo-l

一部のタトゥーのインクやパターン、彩度は光を遮断し、信頼性の高い測定が出来なくなるとのこと。

なお、「Apple Watch」の手首検出機能には本体裏面の心拍センサーが利用されていますが、正常に動作しないのはタトゥーに使用される金属顔料が影響しているものとみられています。

[via 9 to 5 Mac

関連エントリ

  • 「Apple Watch」の「タトゥーゲート」を撮影した映像
  • 手首にタトゥーをしていると「Apple Watch」の手首検出機能が正常に動作しない事がある模様
  • スポンサーリンク

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で

    この記事を書いた人

    taisy0

    新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
    現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。