「Microsoft Edge」の拡張機能、正式リリースには間に合わない模様

本日、「Project Spartan」改め「Microsoft Edge」が正式に発表されましたが、「Microsoft Edge」の特徴の1つである拡張機能はリリース当初は搭載されず、後からアップデートで追加される予定である事が分かりました。

new_logo_story
これは「BUILD 2015」で開催されたセッションで明らかにされたもので、正式リリース後のいつ頃に利用可能になるのかは不明です。

なお、「Microsoft Edge」では、FirefoxやChrome向けの拡張機能もわずかな変更を加えるだけで利用可能になります。


[via Microsoft Central

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事