雨雲が近づくと「Apple Watch」に通知 - 「雨降りアラート」アプリが「Apple Watch」に対応

本日、日本気象(株)が、4月24日の「Apple Watch」発売に合わせて、iPhone向けアプリ「雨降りアラート:お天気ナビゲータ」をアップデートし、「Apple Watch」に対応した事を発表しました。

150413_1

同アプリの「Apple Watch」版では、iPhoneと連動して、設定した市町村に雨雲が近づくと「Apple Watch」の振動や通知音でお知らせしてくれるアプリで、雨雲の接近レベルに応じて通知アイコンの色が変わるため、「Apple Watch」を一目見るだけで情報が分かる仕様となっています。

また、雨雲の位置がわかる雨雲レーダーも見る事が可能で、「Apple Watch」だけで詳しい情報もチェックする事が可能。

150413_1-2 150413_radar2

なお、価格は無料となっています。

雨降りアラート: お天気ナビゲータ
価格:無料 (記事公開時)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。