「MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)」で「OS X Yosemite」の動作にラグが発生する問題

MacRumorsによると、先月に発売された「MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)」の一部ユーザーから、「OS X Yosemite」のアニメーションやグラフィックの動作が遅れるなどの、ラグが発生する問題が報告されている事が分かりました。

652f84915ea09e641cafab7e53f59f238a716075_xlarge_2x

ラグはMission Controlやウインドウのサイズ変更時、ウェブページのスクロール時などに発生し、その様子を撮影したものが下記映像で、私の「iMac 5K」の標準モデルでもMission Control時にラグが発生する時があるものの、それよりもかなり酷いラグとなっています。

なお、一時的な解決方法として、「環境設定>アクセシビリティ」にある”コントラストを上げる”にチェックを入れる事やPRAMのリセットなどが紹介されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。