Apple、次世代の「iPad」や「iMac」に酸化物半導体TFTを使った液晶パネルを採用か

本日、韓国のETNewsが、LG Displayが、酸化物半導体TFTを使った低消費電力·高解像度の液晶パネルの生産能力を拡大しており、その理由としてAppleが次世代iPadに同液晶パネルを採用する為だと報じています。

ipadair2
生産能力の拡大に伴い、月産3万枚まで生産可能になり、来年には更に2万枚拡大する計画もあるとのことで、同社が生産能力を拡大した理由は、Appleが次世代のiPadやiMacに酸化物半導体を使った液晶パネルを採用する事を決定した為だそうです。

酸化物半導体TFTを使った液晶パネルといえばシャープのIGZO液晶が最も有名ですが、AppleはLG Displayだけでなく、Samsung Display、シャープからも酸化物半導体TFTを使った液晶パネルを購入する予定とのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事