Microsoft、iOS向けにスキャナーアプリ「Office Lens」をリリース

本日、Microsoftが、iOS向けにスキャナーアプリ「Office Lens」をリリースしました。

officerlens

同アプリを使うと、ホワイトボードや書類の内容を撮影した画像をトリミングし、画質を高め、読み取り可能なデータにでき、画像は編集可能なWordファイル、PowerPoint プレゼンテーション、PDFファイルに変換可能です。

また、ホワイトボード撮影用の「ホワイトボードモード」と文書撮影用の「ドキュメントモード」が搭載されており、それぞれトリミングや光量、色合いなどを調整してくれるようになっており、更に、印刷された文字は自動的に認識されるため (OCRを使用)、画像内の文字を検索したり、コピーして編集したりする事も可能です。

なお、各種画像はOneNoteやOneDriveなどのクラウド上の記憶領域に保存でき、価格は無料で、日本語にも対応済みです。

 ・Office Lens

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。