「Windows 10」が海賊版からもアップグレード可能な件、アップグレード後も海賊版に変わりない模様

先日、「Windows 10」には海賊版の「Windows」を利用している中国のユーザーも無料でアップグレード可能であるとの報道がありましたが、ZDNetによると、その件についてMicrosoftの広報担当者より詳細が明らかにされ、先日の報道は多少誤解があったようで、非正規版を「Windows 10」にアップグレードする場合、突然それが正規版になるわけではない事が分かりました。

windows10logo2

広報担当者は下記のように述べ、非正規版を「Windows 10」にアップグレードしても、正規版ではないことを警告するメッセージが頻繁に表示されたり、デスクトップが真っ黒になるといった従来の非正規版への対応と同じ状態になるとのこと。

非正規版のPCからもWindows 10へのアップグレードは可能かもしれないが、アップグレードによってライセンスが正規版に変更されるわけではない。非正規版のWindowsは、Microsoftが発行するものではない。Microsoftまたは信頼できるパートナーによって、正規にライセンス供与され、サポートされているものではない。アップグレードの前に、非正規またはライセンスが無効とみなされた端末は、アップグレード後も非正規またはライセンスが無効とみなされ続ける。(via ZDNet

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。