楽天モバイル、4月1日より高速通信容量を大幅増量へ ー 価格は据え置き

本日、楽天グループの通信会社であるフュージョン・コミュニケーションズが、NTTドコモのLTE網を利用するMVNOサービス「楽天モバイル」の通話SIM、および本日より申し込みを開始するデータSIMの高速通信容量を4月1日より大幅に増量する事を発表しました。
rakuten_mobile_logo 変更内容の詳細は下記の表の通りですが、これにより既存の楽天モバイルのユーザーも含め、月額料金は据え置きで、より大容量の高速通信サービスが利用可能になります。

SS 2015-03-16 16.45.53
[via ケータイWatch

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事