2014年の国内スマートフォン出荷台数シェア、Appleが3年連続で1位に

昨日、IDC Japanが、国内携帯電話およびスマートフォン端末の2014年第4四半期(10~12月)、および2014年通年の出荷台数を発表しました。

Apple-iPhone-6-vs-Sony-Xperia-Z3-Compact

2014年通年の国内携帯電話出荷台数(スマートフォンと従来型携帯電話の合計)は、前年比7.7%減の3,659万台となり、ベンダー別ではAppleがシェア42.6%で3年連続となる年間第1位を獲得しており、2位はシャープで13.8%、3位はソニーで10.3%、4位は京セラで10.2%、5位が富士通で7.2%となっています。

また、スマートフォンの2014年通年の出荷台数は前年比12.4%減の2,654万台となり、ベンダー別ではAppleがシェア58.7%で1位を獲得し、2位はソニーで14.2%、3位はシャープで11.4%、4位はSamsungで4.7%、5位は京セラで4.5%となっています。

なお、IDCのレポートでは2014年第4四半期の国内携帯電話出荷台数やベンダー別シェアの情報も掲載されているので、是非ご覧下さい。

[SOURCE, IDC JAPAN

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。