Apple、12インチのRetinaディスプレイを搭載した新しい「MacBook」を発表

本日、Appleが、薄型化され、Retinaディスプレイを搭載した新しい「MacBook」を発表しました。

macbook-new-2015
重さは2ポンド(約900g)、厚みは13.1㎜、全て金属の外装となり、アンテナも内蔵し、フルサイズでバタフライメカニズムという技術を採用し、安定性、薄型化に優れた新しいキーボードを搭載しています。

また、キーボードバックライトはそれぞれのキーにLEDが内蔵されており、ディスプレイにはRetinaディスプレイを採用し、サイズは、解像度は2304×1440ピクセルとなっています。

トラックパッドも刷新され、圧力を感じる感圧センサーを搭載した「Force Touch トラックパッド」を搭載し、クリックの強弱を感知可能で、内部はファンレス仕様となっています。

リバーシブルになった「USB Type-C」ポートを搭載し、電源、USB、DisplayPort、HDMI、VGAを1つのポートでサポートしています。

カラーは、シルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色展開。

プロセッサにはIntel Core M 1.1GHzを搭載し、価格は1299ドル(256GBモデル)からで、4月10日より一部の国で発売されます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事