「Apple Watch」、テスト用の開発機にはLightningポートが用意されていた事が明らかに

TechCrunch9 to 5 Macによると、「Apple Watch」の開発中のモデルにはベルトを装着する部分の奥にLightningポートが搭載されていた事が分かりました。

apple-watch-strap-011

このポートは開発中の診断用に使用されていたようで、一般に販売されるモデルには搭載されないとのこと。

ただ、その場所にLightningポートを搭載可能である事から、もしかしたら将来的に何らかの機能を搭載したベルトなどが用意される可能性もあると予想されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。