米Apple、「Final Cut Pro X」で編集された映画「Focus」を紹介する特設ページを開設

9 to 5 Macによると、米Appleが、公式サイトで初めて全てを「Final Cut Pro X」で編集された映画「Focus」に関する特集ページを開設した事が分かりました。

SS 2015-02-26 7.15.31
「Focus」はウィル・スミス氏が主演を務めており、編集には「iMac」、「Mac Pro」、「MacBook Pro」が利用され、撮影日数は61日、編集にかかった時間は11ヶ月、フル解像度で編集したシーンは117シーンとなっています。

なお、同映画のディレクターであるGlenn Ficarra氏とJohn Requa氏は、「Final Cut Pro X」を使用した理由として「我々がより早い方法で編集をしてみたかった」と述べています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事