Apple、「サプライヤー責任」を更新し最新のデータを公開

本日、Appleが、「サプライヤーの責任」の内容を更新し、2015年版の進捗報告書などを公開しました。

SS 2015-02-18 19.08.17

監査の件数は前年比40%増加の633件で、対象となった従業員数は150万人以上となっており、監査した国の総数は19カ国となっています。

また、18の最終組み立て施設の一覧やサプライヤー上位200社のリストの最新版(英語)も公開しており、サプライヤーの件数は1位は中国で334社、2位は日本で131社、3位は米国で73社となっています。

 ・サプライヤーの責任

[via Linkman

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。