ほぼ消滅してしまったアラル海、Apple マップでは見事に復活している事が明らかに

アラル海と言えば半世紀前は世界第4位の大きさの湖だったものの、現在はほとんどの水が干上がってしまい、消滅するかもしれないといった状況になってしまっているのですが、Appleの地図サービスでは同湖が見事に復活している事が分かりました。

t_mapsnew
下記画像は左がAppleマップ、右がNASAが2014年に公開した写真で、Appleマップの方は1980年代頃の水量となっており、古い衛星写真のデータを使用している事が分かります。

aral-sea1-640x432
なお、アラル海は中央アジアのカザフスタンとウズベキスタンの国境をまたぐ地域にあり、ソ連が作った運河の影響で水が流れ込まなくなり、現在の状況に至っています。

[via Cult of Mac

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事