Facebook、死後のアカウント管理に関する新機能「legacy contact」を発表

本日、Facebookが、ユーザーの死後にアカウントを管理できる家族や友人を指定できる新機能「legacy contact」を発表しました。

legacy_featured

指定された人は、対象となるユーザーが死亡してしまった場合に、ユーザーのアカウントを管理したり、削除したりする事が可能になるものの、すべての権限が与えられるわけではなく、アカウントの設定を変更したり、プライベートなメッセージを見たりする事は出来ません。

なお、同機能はまずは米国で導入され、その後、他の国に順次拡大される予定です。

[via CNET JAPAN

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。