上空約300メートルから「MacBook Air」が落下 ⇒ 無事に起動

過去にスカイダイビング中や飛行機から「iPhone」を落としてしまったものの無事だったといったニュースがいくつかありましたが、今度は上空1000フィート(約300メートル)から「MacBook Air」を落としてしまったユーザーが現れました。

s68VyFT-1
「MacBook Air」をそんな高さから落としてしまったユーザーは、飛行機のパイロットをしているedditユーザーのav80rさんで、飛行中に開いたキャノピーからパイロットのライセンスやフライトブックが入ったバッグと共に「MacBook Air」も落下してしまったとのこと。

地面に落下した「MacBook Air」は下記写真の通り、筐体が歪み、隙間が出来てしまっており、さらに冷却装置が壊れ、トラックパッドのガラスが割れるといった状態になってしまったものの、問題なく起動したそうです。

89gU0gh-1
lGglxyI-1
なお、落下してきた「MacBook Air」が入ったバックは地元の農夫によって発見され、中に入っていたライセンスなどからFacebookでパイロットを特定し、無事に返ってきたそうです。

[via Cult of Mac, Reddit / Photo Credit:av80r

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事