「iPhone 6s」のiSightカメラは引き続き800万画素のイメージセンサーを採用か

Taipei Timesによると、Yuanta Securities Investment Consulting CoのアナリストであるJeff Pu氏が、次期iPhoneこと「iPhone 6s」(仮称)のiSightカメラは「iPhone 6」と同じ800万画素のイメージセンサーを搭載するようだと報告している事が分かりました。

isighti6
中国ではローエンドからミドルまでのスマートフォンには800〜1300万画素のイメージセンサーがよく採用されており、1600〜2000万画素のイメージセンサーは供給が限られているとのこと。

なお、「iPhone」シリーズは、「iPhone 4S」以降はずっと800万画素のイメージセンサーを採用しており、今回の報道が本当だとすると5世代連続で800万画素のイメージセンサーを採用する事になります。


[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事