米Apple、元GTアドバンスト・テクノロジーズのサファイア工場をデータセンターとして運用へ

本日、Reuterが、Appleが20億円を投じて米アリゾナ州のサファイアガラス工場をデータコマンドセンターとして転用することを計画していることが分かったと報じています。

apple-sign-sky

同工場は、Appleが2013年にGTアドバンスト・テクノロジーズと共に「iPhone」のディスプレイ用のサファイアガラスの製造工場として整備した工場で、去年10月にGTアドバンスト・テクノロジーズが連邦破産法11条を申請し、閉鎖されていました。

この件についてはAppleの広報も認めており、データセンターの設立により600人の新規雇用が創出される見通しとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。