「OS X 10.10.2」はまもなくリリースか ー Time Machineの「iCloudドライブ」サポートやWi-Fi接続の問題修正など

9 to 5 Macによると、Appleが従業員に対し、「OS X 10.10.2 build 14C109」をリリースした事が分かりました。

yosemite
同ビルドのリリースノートも明らかになっており、同ビルドではTime MachineでiCloudドライブをブラウズする事が出来るようになる他、Wi-Fi接続が解除される事がある問題やWebページの読み込みが遅くなる可能性がある問題が修正されている事が分かりました。

また他にも、Spotlightに関する問題やBluetoothヘッドホンの同期に関する問題の修正、VoiceOverの音声性能の向上、Safariの安定性とセキュリティの向上などが行われています。

なお、「OS X 10.10.2」の正式リリース時期は不明なものの、過去の例から、従業員への配布が開始されると一般向けリリースが近い事を意味しており、かなり近いうちにリリースされるものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事