Samsung、次期iPhone向けの「A9」プロセッサを供給へ

Reuterによると、韓国の毎日経済が半導体業界関係者の話として、SamsungがAppleの次期iPhone向けの「A9」プロセッサを供給する主要サプライヤーになるようだと報じた事が分かりました。

apple_a9
Samsungは生産の約75%を担当し、米テキサス州オースティンの工場で生産するとのこと。

これまで「A9」プロセッサの注文はSamsungとTSMCが争っていると報じられてきましたが、今年初めにもSamsungとGlobalfoundriesが「A9」プロセッサの注文の過半数を獲得したようだとの報道もあり、どうやらSamsungに軍配があがった可能性が高そうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事