Apple、ウクライナ南部のクリミア地域での製品の販売やサービスの提供を終了へ ー 対ロ制裁が影響

TechCrunchによると、Appleが2015年2月1日よりウクライナ南部のクリミア地域でiPhoneやMacなどの自社製品の販売を終了する予定である事が分かりました。

apple-sign-sky
Appleは既に現地の小売業者に通達しており、製品だけでなくサービスも停止されるとのこと。

これは米政府が去年12月にウクライナ問題に関して大統領令に基づき、クリミア地域に対する経済制裁を強化し、米国の個人・法人による同地域への新規投資や米国との輸出入を全面的に禁止した事によるもので、先日には同地域に在住するアプリ開発者に対し、開発者登録を凍結する事を通達していた事も明らかになっています。

関連エントリ

  • Apple、対ロ制裁でクリミア地域在住のアプリ開発者をブロック
  • スポンサーリンク

    この記事を書いた人

    taisy0

    新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
    現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

    この記事が気に入ったら いいね!しよう

    Twitter で

    関連記事