次期iPhoneは「LPDDR4」規格の2GBメモリを搭載か

台湾のTechNewsが、次期iPhoneこと「iPhone 6s」(仮称)は、2GBのメモリ(RAM)を搭載するようだと報じています。

Apple-A8-mockup-001
「iPhone 6s」に搭載される2GBメモリは新しい「LPDDR4」規格を採用し、「LPDDR4」は「iPhone 6/6 Plus」のメモリに採用されている「LPDDR3」規格とは異なり、2チャネルアーキテクチャを採用しており、更なる高速化や低消費電力化が特徴となっています。

iPhone-memory-specs
また、「iPhone 6s」には「Apple Watch」に搭載されているForce Touchが採用される他、カメラ性能も向上するとのこと。

この話が本当かどうかは不明なものの、SK HynixやSamsungが「LPDDR4」規格のメモリチップの開発を発表しています。


[via G4Games, PC Watch

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事