Microsoftの新ブラウザ「Spartan」の新たな情報 ー 「Cortana」統合や柔軟なタブシステムなど

Microsoftが「Windows 10」向けに開発中の「IE」ではない新ブラウザ「Spartan」(コードネーム)ですが、本日、The Vergeが、「Spartan」に関する新たな情報を報じています。

microsoft-spartan
その情報によると、「Spartan」はWindows Storeアプリとして提供される予定で、表示中のウェブページにスタイラスで手描きの注釈を追加し、注釈付きのウェブページをOneDriveに保存し、共有する事が可能になるとのこと。

また、音声アシスタント機能の「Cortana」が統合されており、「Cortana」は「Bing」の代わりに検索エンジンとして採用され、ホテルなどの予約なども可能になるそうです。

更に、タブ機能についても、グループ化や柔軟なタブシステムが提供される予定とのこと。

[via ITmedia, Photo Credit:BGR

関連エントリ

Microsoftの新ブラウザ「Spartan」を撮影した新たな画像が流出

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。