次期iPhone/iPad向け「A9」プロセッサのメインサプライヤーは台湾TSMCか

Taipei Timesによると、Appleが次期iOSデバイスに採用する「A9」プロセッサは台湾のTSMCがメインサプライヤー(主要供給業者)になるようだとアナリストが報告している事が分かりました。

apple_a9
その理由としては、SamsungとTSMCは技術力はほぼ同じである事から量産時の歩留まりが重要視されており、その部分ではTSMCの方がSamsungより優れている為とのこと。

なお、今年11月には、台湾TSMCが次期iPhone及び次期iPad向け「A9」プロセッサの注文の40〜50%を獲得するようだとの情報が報じられています。


[via MacRumors

関連エントリ

台湾TSMC、次期iOSデバイス向け「A9」プロセッサの注文の40〜50%を獲得か

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事