MMD研究所、2014年スマートフォンアプリに関する調査結果を発表 − SNSアプリは「LINE」、ニュースアプリは「Yahoo!ニュース」が1位に

本日、MMD研究所が、2014年12月11日~12月13日にかけてスマートフォンを所有している20歳以上の男女562人を対象に実施した「2014年スマートフォンアプリ/コンテンツに関する調査」の結果を発表しました。
ad26344eff5fb442db325328585ad438_m 調査結果によると、スマートフォンユーザーの約半数が1日のうち1時間未満スマートフォンに接触しており、最も利用されているSNS/コミュニケーションサービスは「LINE」で59.6%、続いて「Facebook(52.0%)」、「Twitter(39.3%)」の順になった事が分かりました。

また、ニュース(キュレーションアプリ)の利用状況については、1位が「Yahoo!ニュース(36.5%)」、2位が「SmartNews(16.5%)」、3位が「LINE NEWS(15.5%)」の順になったそうです。

なお、詳しいデータは下記リンク先で閲覧可能です。

 ・2014年スマートフォンアプリ/コンテンツに関する調査 – MMD研究所

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事