Google、タイムズスクエアの超巨大液晶ディスプレイで「Android」の広告キャンペーンを展開

今月18日に米ニューヨークのタイムズスクエアにサッカーグラウンドの長辺と同等幅を持つ巨大ディスプレイが設置されたのですが、Googleが早くもこのディスプレイを使って「Android」の広告を展開し始めた事が分かりました。
google-times-square-1 その様子を撮影した映像が下記動画で、非常に大きな広告となっています。


また、単なる広告ではなく、ユーザーが無料アプリで自身のオリジナルキャラクターを作成し、そのキャラクターを大画面に表示させ、MicrosoftのKinectのようにユーザーの動きに合わせてキャラクターが動く体感型のリフティングゲームに参加したりすることも出来るようです。

なお、この広告のリース料は、4週間で250万ドル(約2億9200万円)以上と言われています。

[via AndroidCentral

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事