ソニー、ジョブズ氏の公式伝記映画の配給権をユニバーサルに譲渡 ー ジョブズ役はマイケル・ファスベンダーに?!

先日、スティーブ・ジョブズ氏の公式伝記映画の製作がソニー・ピクチャーズからユニバーサル・ピクチャーズに移行されるようだとの情報をお伝えしましたが、Hollywood Reporterによると、ソニーは今月に同映画の配給権をユニバーサルに譲渡した事が分かりました。
jobs
ユニバーサルがソニーに支払った金額は3000万ドル(約35億円)と言われています。

また、The Wrapによると、ジョブズ役は2013年公開の『それでも夜は明ける』でアカデミー助演男優賞にノミネートされたマイケル・ファスベンダー氏が演じるとの情報もあるとのこと。

[via TechCrunch, MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。