人気動画変換ツール「Handbrake」がH.265とVP8のビデオコーデックに対応

The HandBrake Teamが、人気の動画変換ツール「Handbrake」をアップデートし、最新版の「Handbrake 0.10.0」をリリースした事を発表しました。
handbrake
同バージョンでは、新たにH.265とVP8ビデオコーデックが利用出来るようになった他、AACエンコーダを「FDK-AAC」に置き換え(Windows版とLinux版のみ)たり、より高品質なノイズ除去が可能なノイズ除去フィルタ「NL-Means」の追加などが特徴となっています。

なお、詳しい変更内容はこちらで、ダウンロードはこちらから可能です。

[via 9 to 5 Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。