Foxconn、台湾・高雄にApple専用のディスプレイ工場を建設か

Bloombergが、Foxconn傘下のInnoluxが、台湾南部の高雄にクライアント専用の新しいディスプレイ工場を建設する予定である事が分かりました。
foxconn_workers_2
今後2年間で26億ドル(約3,100億円)を投資する予定で、Bloombergは同工場はAppleの為の工場と報じており、2015年末までに量産を開始する予定とのこと。

本当にApple向けの工場になるのかは不明ですが、現在はLG Displayやジャパンディスプレイ、シャープ、Samsung DisplayなどがAppleに液晶パネルを供給していると言われています。

[via 9 to 5 Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。