「Windows ストア」と「Windows Phone ストア」を合わせたアプリの数が50万本を突破

本日、Microsoftが、「Windows ストア」と「Windows Phone ストア」を合わせたアプリ数が50万本を突破した事を発表(PDF)しました。
windowsstore1 両ストアを合わせた現在のアプリ数は52万5,000本となっており、6月の時点では40万本でした。

なお、その内訳は明らかにされていないものの、ウェブブラウザで「Windows ストア」を閲覧する事が出来るサイト「MetroStore Scanner」のデータによると、「Windows ストア」のアプリ数は約177,500本となっており、「Windows Phone ストア」の現在のアプリ数は恐らく35万本ほどと予想されます。

[via WMPoweruser

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事