Microsoft、Webブラウザから利用可能な「Skype for Web(ベータ)」を発表

本日、Microsoftが、アプリのインストールなしで利用出来るウェブ版の「Skype」こと「Skype for Web(ベータ)」を発表しました。
sfw2
「Skype for Web」は、ウェブブラウザ上で音声通話やビデオ通話、インスタントメッセージ機能が利用可能で、対応するブラウザはInternet Explorer 10、Chrome、Firefox、Safari 6を含む全ての最新ブラウザとなっています。

なお、当初は招待制となっており、Skype.comにサインインする事でベータ版が利用可能である事が通知され、段階的に提供が拡大される予定です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。