「iPad Air 2」と「iPad mini 3」のキャリア別シェア、発売1週目はソフトバンクがトップに

本日、BCNランキングが、家電量販店の実売データをもとにした「iPad Air 2」及び「iPad mini 3」のWi-Fi + Cellularモデルの発売第1週目のキャリア別シェアのデータを公開しており、ソフトバンクが54.2%で1位だった事が分かりました。
ipadseries
データは発売日の10月24日から10月26日までの3日間のもので、2位はauで25.8%、3位はドコモで20.0%となっています。

また、モデル別で見ると、「iPad Air 2」はソフトバンクが55.3%、auが30.2%、ドコモが14.5%となっており、「iPad mini 3」はソフトバンクが52.2%、auが17.6%、ドコモが30.2%になります。

BNCランキングのレポートでは、もっと詳しい内容が掲載されているので、是非ご覧ください。

なお、同ランキングのデータには一部の大手家電量販店やApple Store、各キャリアのショップのデータは含まれておらず、日本の店頭市場の約4割のデータがもとになっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。