Apple、「OS X Yosemite」をサポートした「GarageBand 10.0.3」をリリース

本日、Appleが、Mac版の「GarageBand」をアップデートし、最新版の「GarageBand 10.0.3」をリリースしました。
GarageBand.512x512-75
今バージョンでは、OS X Yosemiteをサポートした他、オーディオエフェクトのプラグインを使用して、トラックのサウンドをよりきめ細かく制御できるようになったり、Bass Amp Designerでビンテージアンプやモダンアンプ、キャビネット、マイクなどを使ってオリジナルのベースリグを組み立てる事が可能になりました。

また、ボーカル録音をすばやく簡単に行える新しいボイステンプレートが追加された他、GarageBandプロジェクトをMail Dropで送信する事が可能になり、垂直方向に拡大/縮小したときにトラックの高さが自動的に調整されるようになっています。

GarageBand
価格: ¥500

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。