Apple、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の供給比率を調整か

DigiTimesが、サプライチェーンの情報筋の話として、Appleは「iPhone 6 Plus」の需要が予想を上回っている事から、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の供給比率を調節したようだと報じています。
iphone6ss 「iPhone 6」の生産能力の一部を「iPhone 6 Plus」に移しており、2014年下期の「iPhone 6」の出荷台数は当初の予想より300〜400万台少なくなるとのこと。

ただ、ほとんどの部品サプライヤーの現在の在庫は、増加する「iPhone 6 Plus」の注文に対して十分ではなく、受託製造企業(Foxconnなど)も組み立ての為の十分な生産ラインを持っていない事などから、「iPhone 6 Plus」の供給が増えるまでに少し時間が掛かるかもしれないそうです。

先日、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の総出荷台数のうち「iPhone 6 Plus」が60%を占めているようだとの情報もありましたが、Appleは「iPhone 6 Plus」の比率を増やす考えのようです。

関連エントリ
「iPhone 6/6 Plus」、出荷台数は「iPhone 6 Plus」の方が多い??

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事