Retinaディスプレイ搭載の新型iMac 27インチは早ければ来月にも発売か

9 to 5 Macが、情報筋によると、Retinaディスプレイを搭載した新型iMacはApple内部の後期テスト段階にあり、デザインは現行とほぼ同じデザインが採用されるものの、より高速なプロセッサや改良された無線LAN(802.11ac)の搭載など、内部ハードウェアは刷新されるようだと報じています。
imac2014low MacRumorsも似たような事を報じており、Appleの計画に精通した情報筋によると、Retinaディスプレイを搭載するのは27インチモデルのみで、次のスペシャルイベントで発表する事が計画されているそうです。

Retinaディスプレイを搭載した新型iMac 27インチは5120×2880のパネルを採用しており、プロセッサはHaswell Refreshを搭載し、GPUはAMDに変更されるとの情報もあるとのこと。

また他にも、4K映像を編集する為に改善されたツールを搭載した「iMovie」と「Final Cut Pro」の最新版を準備しているとの情報もあるそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事