「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の推定製造コストは2万円台 ー 粗利益率は約70%

米調査会社のIHS iSuppliが、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」を分解して調査した結果、両モデルの推定製造コストは200ドル(約21,700円)〜263ドル(約28,600円)のようだと報告している事が分かりました。
iphone6ss
「iPhone 6」の推定製造コストは200ドル(約21,700円)〜246ドル(約26,700円)で、「iPhone 6 Plus」の推定製造コストは216ドル(約23,500円)〜263ドル(約28,600円)になり、粗利益率は16GBモデルで約69%、128GBモデルで約70%となっており、「iPhone 5s」や「iPhone 5c」とほぼ同じ粗利益率になっているそうです。

先日にTeardown.comも同様のレポートを公開していましたが、ほぼ同じような金額なので、製造コストはこのくらいの金額で間違いないようです。

[via Re/code

関連エントリ

「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の推定製造コストは約25,000円〜26,500円

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。