12インチ版「MacBook Air」、薄型化に伴いMagSafeを廃止か ー 「USB Type C」も採用??

9 to 5 Macによると、先日、12インチ版「MacBook Air」は「iPhone」と同じスペースグレーとゴールドのカラーが追加され、2015年中頃に発売されると報告していたJack March氏が、同モデルに関する続報を公開しています。
blackmac
計画に精通した情報筋によると、12インチ版「MacBook Air」はより薄いデザインを採用する事から、通常のUSBではなくリバーシブル対応の「USB Type C」を採用し、下位互換性の為にアダプタが同梱されるものとみられています。

また、薄型化に伴い、ファンレス化や「MagSafe」の廃止が行われ、新しい充電方法が採用されるようで、ディスプレイベゼルのデザインは「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」に似ているそうです。

ただ、この人物が何者なのか不明ですし、これらの情報が本当に正しいのかは不明です。

関連エントリ

12インチ版「MacBook Air」は2015年中頃に発売予定 ー スペースグレーやゴールドモデルも登場??

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。