「iOS 8」向けサードパーティ製キーボード「SwiftKey」、リリースから24時間で100万ダウンロードを突破

「iOS 8」ではサードパーティ製キーボードを追加する事が可能になりましたが、MacRumorsによると、昨日に「iOS 8」のリリースと共に提供が開始されたキーボード「SwiftKey」は、リリースから24時間で100万ダウンロードを突破した事が分かりました。
swiftkey_one_million
「SwiftKey」はスワイプ操作での入力やインテリジェント予測変換機能が特徴となっており、Android版は日本語入力にも対応していますが、iOS版は今のところ日本語入力には未対応となっています。

 ・SwiftKey Keyboard – App Store