「iOS 8」向けサードパーティ製キーボード「SwiftKey」、リリースから24時間で100万ダウンロードを突破

「iOS 8」ではサードパーティ製キーボードを追加する事が可能になりましたが、MacRumorsによると、昨日に「iOS 8」のリリースと共に提供が開始されたキーボード「SwiftKey」は、リリースから24時間で100万ダウンロードを突破した事が分かりました。
swiftkey_one_million 「SwiftKey」はスワイプ操作での入力やインテリジェント予測変換機能が特徴となっており、Android版は日本語入力にも対応していますが、iOS版は今のところ日本語入力には未対応となっています。

 ・SwiftKey Keyboard – App Store

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事