au、「iPhone 5」の下取り価格を改定 ー NTTドコモに対抗か

本日、NTTドコモが、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の機種代金とともに「iPhone下取りプログラム」を発表しましたが、その後、auが同社の「下取りプログラム」の一部を改定しました。
au
改定されたのは「iPhone 5」の下取り価格(ポイント)で、下記の通り変更されており、ドコモの下取りプログラムに対抗したものと予想されます。

 ・64GB:20,000円相当 ⇒ 27,000円相当
 ・32GB:19,000円相当 ⇒ 26,000円相当
 ・16GB:18,000円相当 ⇒ 25,000円相当

なお、ソフトバンクは「下取りプログラム」は提供しないものの、別途、下取りが必須の「タダで機種変更キャンペーン」を提供する予定となっており、同社がこの2社の動きに対して何か対抗策を出してくるのかが気になるところです。

関連エントリ

NTTドコモ、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」向けの各種キャンペーンを発表

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。