「iPhone 6」は128GBモデルが用意され、電源ボタンには任意の機能を割り当て可能に?! & 次期iPad Airも同時発表か

Apple Insdierによると、Apple関連の情報には定評のあるKGI証券のアナリストであるMing-Chi-Kuo氏が、「iPhone 6」には128GBモデルが用意されるようだと報告している事が分かりました。
iphone_6_1-still003
また、「iPhone 6」の4.7インチと5.5インチの両モデルが9月9日のイベントで発表されるものの、5.5インチモデルの出荷台数は今年後半まで増加しない為、4.7インチモデルと同時に発売されない可能性もあるとのこと。

他にも、本体右側面に移動すると言われている電源ボタンには任意の機能を割り当てる事ができ、気圧センサーが搭載されるものの、噂されているサファイアガラスは採用されないと報告しています。

更に、10月に発表されるものと予想されていた次期「iPad Air」についても「iPhone 6」と共に発表されると予想しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。